色とりどりのドレスをまとって踊るキレイなお姉さんたちに釘付け

キレイなお姉さんに憧れて始めたバレエ。ママ友達に誘われ、3歳の娘を連れて、ママ友達の娘さんのバレエの発表会を見に行きました。長時間の発表会だったのでおとなしく見ていられるかなと心配していましたが、そんな心配をよそに、娘は白、ピンク、赤など色とりどりのドレスをまとって踊るキレイなお姉さんたちに釘付け。母である私もお姉さんたちのすらりとした美しいスタイルに釘付け。発表会が終わる頃には親子揃って「バレエ習いたいね!」と夢中になっていました。家に帰ってバレエ教室のホームページを調べてみると、その教室はちょうど3歳からOKということで、早速体験レッスンの申し込みをしました。そしていよいよ体験レッスンの日。受付を済ませ、先生が貸してくださったレオタードとタイツ、バレエシューズを身につけた娘は、「お姉さんたちと一緒!」と大喜び。やる気満々でレッスンに参加したのはいいのですが、娘の入ったクラスは3歳~年長さんまでが一緒にレッスンをするクラス。3歳と年長さんではやはり集中力、理解力、体力全てにおいて全くレベルが違います。しかも初めての場所、初めてやることだらけとあって、どう見ても1人だけグニャグニャフラフラしている娘。娘はとっても楽しかったようで、「バレエやる!」とはしゃいでいましたが、私の中では、これはダメだ、お姉さんたちに迷惑をかけてしまう…と思い、先生に相談すると、先生は「この子たちもはじめはみんなそうでしたよ。お姉さんたちの頑張る姿を見て、だんだんできるようになります。お姉さんたちも小さいこの面倒を見ることでよりしっかりしていきます。全然気にすることないですよ。」と励ましてくださいました。その言葉に背中を押されて申込書を出すことにしました。現在レッスンを始めて10ヶ月ほどになりますが、かなりよかったと思っています。身体的には背筋がピンと伸びるようになり、ジャンプ、スキップ、腹筋、ブリッジができるようになりました。また人の話を静かに聞いて理解する、お姉さんたちの動きを見て周りに合わせて行動するなど内面的にもずいぶん成長したように感じます。本格的にレッスンを受けるとなると、金銭的には色々と物入りになりますが、とりあえず絶対に必要なものはレオタード、タイツ、バレエシューズ。3歳の娘はすぐに大きくなるので、少し大きめをと思いますが、バレエシューズだけはそういうわけにはいきません。成長に合わせてどんどん買いかえるしかありません。発表会に出るとなるとまたどんと大きく出費が増えます。正直はじめは目玉が飛び出るかと思いましたが、娘が喜んで通っていますし、発表会に向けて頑張って家でも練習している姿を見ると、応援してあげたい気持ちになります。今後大きくなるにつれて、練習が辛い、行きたくないなどと言い出す日も来るかもしれませんが、いつか娘があの発表会に出ていたお姉さんたちのようにキレイなドレスで、すらりとした美しいスタイルで踊る姿を見られる日を夢見て、これからも見守り励ましていきたいと思っています。