ムシバイの店舗はどこにある?ムシバイの販売店舗と損しない買い方をまとめました

スーパーやバラエティショップなどでも歯ブラシや歯磨き粉などは売られていますが、口腔ケアアイテムを買うならまずは薬局に行くという方が多いのではないでしょうか。

ムシバイは子供の虫歯や歯周病菌ケアに効果があると言われ、チュアブルタイプで舐めてケアできることで話題となっています。ムシバイも薬局など店舗で購入できるのでしょうか。

残念ながら、ムシバイは通販限定のため販売店舗はありませんでした。

さらに調べてみると、公式サイトで買うのが一番安いことも判明。

なぜかというと、公式サイト限定で初月980円で購入できるキャンペーンを行っているからです。

300名限定の特別キャンペーンですので、興味がある方は公式サイトへお急ぎくださいね。

↓ムシバイの公式サイトはこちら
http://mushibai.com/

ムシバイは楽天やAmazonのほうが安い?公式サイトと値段を比べてみた結果

ムシバイは楽天やAmazonのほうが安く買えるのでしょうか?価格を確認してみました。

楽天では販売ナシ

楽天でムシバイで検索したところ、違う商品がヒットしました。

楽天ではムシバイは販売されていませんでした。

Amazonでも販売ナシ

念のためAmazonでも確認してみましたが…

Amazonでも子供用チュアブルのムシバイはヒットせず。販売されていないことが分かりました。

公式サイトにはこんな注意書きが…

公式サイトを確認してみると、以下のような注意書きがありました。

●ムシバイの類似品にはご注意ください
ムシバイは弊社ホームページのみの販売となっており、楽天やAmazonなどのショッピングモールでは販売しておりません。弊社で購入したものをそのまま販売している可能性がありますが、保管時の品質管理に大きな不安があります。安心してご利用いただくためにも弊社ホームページからのご購入をおすすめします。

今後、楽天やAmazonで販売が始まったとしてもそれは公式の許可を得ていない不正な流通ルートを使っているということですね。

子供の口に入るものですから、品質管理には十分注意したいものです。

初月980円キャンペーンの詳細について

公式サイトの初月980円キャンペーンは定期コースです。

●解約は電話で!

ムシバイの定期コースは1回のみの解約もできますので、定期コースとはいっても「とりあえずお試し」が可能です。

次回お届け前日の10日前までに電話連絡をします。ですから解約を前提とするなら商品到着後15日程度で継続するかどうかを決めたほうが良いでしょう。

電話番号:0120-648-141
受付時間:平日10時〜18時まで(日祝休み)

ムシバイは安価なチュアブルには配合されていない成分が入っているため非常に高価ですが、初月980円なら手に取りやすいのではないでしょうか。

300名限定の定期コースですから、980円で手に入れたい場合はお急ぎくださいね!

↓ムシバイの公式サイトはこちら
http://mushibai.com/

ムシバイの成分情報!危険性はない?

チュアブルタイプなので舐めながら口腔内のケアをすることができると評判で、味も美味しいため歯磨きが嫌いな子供でも使いやすいというメリットがあります。

ムシバイは主に子供が食べるものなので成分をしっかり知っておきたいですよね。製造過程や成分は安全なのでしょうか?

メイン成分は「ヒト由来クリスパタス菌KT-11」

ムシバイの成分の中で一番聞き慣れないのが「ヒト由来クリスパタス菌KT-11」だと思います。この成分はムシバイの最大の特徴で、この成分は他のチュアブルには配合されていない高価な成分です。

クリスパタス菌はヒト由来の乳酸菌で、女性の産道に多く存在しています。

細胞を増やしたり炎症を抑える作用があるため、虫歯菌の働きを抑えて口腔トラブルのケア効果に期待がもてる成分なのです。

●PS-B1

特許成分であるPS-B1もクリスパタス菌と同様の働きをし、口の中の善玉菌の働きを助けて口腔環境を整える作用があります。

●キシリトール

キシリトールは口腔ケアアイテムに使用されていることが多いため知っている方が多いでしょう。キシリトールは虫歯菌の原因となる酸を作らない成分なので、口腔ケアアイテムに使用されることが多いんですね。

・ムシバイの全成分
マルトース、澱粉分解物、エリスリトール、乳酸菌生産物質、コーンスターチ、殺菌乳酸菌末/甘味料(キシリトール、アスパルテーム)、結晶セルロース、環状オリゴ糖、クエン酸、香料、ステアリン酸Ca、二酸化ケイ素

砂糖や果汁は不使用

かなり甘みがあるため、「砂糖を使っているのでは?」と不安になる親御さんもいらっしゃるかもしれませんね。

ムシバイは歯磨きの後に食べられるチュアブルですから、もちろん砂糖や果汁は不使用です。甘味料は主にキシリトールを使用しています。

殺菌剤・発泡剤・界面活性剤不使用

虫歯や歯周病対策ができるからといって殺菌剤などが使用されているなんてことはありません。殺菌剤の他にも合成着色料や合成保存料などの添加物は一切配合されていません。

ムシバイに副作用はあるの?使用上の注意点

調べてみたところ重篤な副作用が起きたということはないようですし、ムシバイによって湿疹が出た、下痢になったということもないようです。

ですが、使用上で注意したほうが良い点はいくつかあります。

「大豆アレルギー」は注意

ムシバイの味はヨーグルト風味ですが、乳製品は配合されていないので乳アレルギーがある子供でも安心して食べることができます。

ただし、成分中の「乳酸菌生産物質」は大豆が含まれているため、大豆アレルギーの場合は使用を避けましょう。

キシリトールはお腹がゆるくなる原因に

キシリトールが含まれているため体質によってはお腹がゆるくなる可能性もあります。一時的な反応と考えられますが症状が強い場合は医療機関を頼りましょう。

その辺りの判断は親がしっかりと子供の様子を見ながらムシバイをあたえることが必須です。

ムシバイが大きすぎて舐められない子供や、口に入ったまま遊んだり寝たりして詰まることがないように注意する必要があります。

GMP認証工場で製造

●GMPとは
厚生労働省が示したガイドラインに基づいた、適正な製品の品質と安全性を確保するための基準のこと。

ムシバイは原材料から製造、出荷までGMP基準を満たした品質管理。製造管理が行われています。第三者機関に依頼した放射線物質検査にも当然クリアしています。

ムシバイの使い方のポイント

1日の目安量を守ろう

ムシバイは味が美味しいということが良い口コミにも記載されていますが、ヨーグルト風味で大人が食べても美味しいと言われる味付けになっています。

美味しいとつい何個も食べたくなってしまう気持ちもわかりますが、ムシバイは1日1粒が目安量となっているので食べ過ぎることのないように注意しましょう。

夜ご飯後に歯磨きをし、寝る前にムシバイを使うのが最も良いとされています。

舐めるタイプなので固形物が口の中に残ったまま寝てしまうと危険なので、しっかりと舐め終わっているかどうかを大人が確認するのも大事となります。

安全に効果的にムシバイを使うためにも、まずは大人が注意事項を把握しておくことが最も大事となることをおさえておきましょう。

大人も使える

実際に子供と一緒にムシバイを使っているという口コミもいくつか見受けられました。

口コミの中には「大人が食べても甘すぎず美味しい」という声があります。

大人がムシバイを口にしているのを見れば真似してムシバイを口にするようになる子も増えますよね。

大人がムシバイを使うことによって子供が進んでムシバイを口にするようになる→口腔ケアを積極的に行える→虫歯にならなくなる、という流れが出来上がっているようです。

子供が歯磨き嫌いで苦労している、歯磨きタイムが両者にとってストレスという声もあり、歯磨きの後にご褒美としてムシバイをあげることで子供が歯磨きを嫌がらなくなり悩みが解決したという声もあります。

◎子供の寝起きの口臭が気になって寝る前にムシバイを使ってみたところ、しばらくしてから口臭が気にならなくなってきた

 

◎ムシバイを使うようになってから子供がスムーズに歯磨きをするようになって虫歯にならなくなった

こうした口コミもあるため、ムシバイを使って口腔ケアができるだけではなく、大人も子供もストレスを軽減させられるというメリットもあります。

歯磨きに対する嫌な感情をなくし、口腔環境を整えられて虫歯予防になるムシバイは大人と子供どちらが使っても効果があるというのは嬉しい限りですね。